防災・防犯用品の新着情報

話題のニュースや通販情報を独自の観点で情報収集しています。

簡易寝袋 アルミの話題

 「目次」

  • 簡易寝袋 アルミ関連情報-最新順3件
  • その他のニュースや話題

 簡易寝袋 アルミ関連情報-最新順3件

Amazonでのこの商品をコンビニ決済で購入したいと思っています。配送料はいくらか…

Amazonでのこの商品をコンビニ決済で購入したいと思っています。配送料はいくらかわかりますか? 九州在住で、お急ぎ便とかは使いません。 [Present-web] サバイバルシート (防寒・保温シート)5枚パック アウトドアや防災に!防寒 簡易寝袋 アルミブランケット https://www.amazon.co.jp/dp/B007A6GQEQ/ref=cm_sw_r_cp_api_0KNCybRAYNJZG

出典:日付 : 2017年01月08日 23:41:00
URL : https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10168980545

キャンプ初心者です。何から買えば良いのか検討しています。来年春頃行けたらと思案中。ま…

キャンプ初心者です。 何から買えば良いのか検討しています。 来年春頃行けたらと思案中。 まだ道具も何も揃えてませんが、どんな物を用意したら良いですか? まず、テントから?? 安価な…

出典:日付 : 2015年10月20日 03:45:00
URL : http://oshiete.goo.ne.jp/qa/9091386.html

北海道の旅 車中泊 20日の旅行は楽しかったけど、誰かキャンピングの面白い旅もっ…

北海道の旅 車中泊 20日の旅行は楽しかったけど、誰かキャンピングの面白い旅もっと知りませんか ●燃料費は全行程5000kmながら、平均30km/Lの実燃費で¥22000 フェリー代は片道軽¥8900で往復¥18000 高速代金¥0 交通費合計¥4万円は激安でした ●食費はAEONなんかで¥1500 / 日でクラーボックスの氷はサービスで利用 普段の食費と変わらないから旅費にならず、日帰り温泉が2日おきに@¥500で¥5000 は娯楽の楽しみだ、 普通の旅だと燃費6.5万、フェリー2.5万、高速4万、素泊10万の合計23万で5倍もかかる計算で、コスト効果はダントツでした ミラバン5MTでキャンプ 今回で4回目の北海道 車中泊の旅だが、ハイエース、ボンゴ、ミラバン5MTと車種はコンパクト化している、家族旅行4人から1人旅と変化しているからだ、ミラバンの車内は意外と広く、コンパクトカー並のベットスペースの長さを確保できる、水平に足を延ばして後部荷室に車中泊できるのは、意外な発見だ、コストパフォーマンスの優れるミラバン¥70万を流用しているから、年5回は車中泊の旅が可能で、誰でもすぐに実現可能なのが面白く、日本の国策車 軽の面白い使い方みたいだ アフリカのモロッコに行くと、ドイツ製デスレフのグローブ キャンピングカー¥1000万クラスなのか、ヨーロッパからフェリーで渡り、何千台も押し寄せて老夫婦が楽しそうに旅行している、やはり日本より格段に豊かな世界なのか、リタイア族のバカンスもごく普通で、うらやましいかぎりなのだが ミラバン5MTのキャンプ仕様パーツ ベットスペース ・ベットスペースは後部座席を折りたたむと水平になり、助手席を前に押してさらにロープ掛けて15cm前に押し倒すと「※コツ」170cmのベットスペースが出来る、床にアルミマットを敷き、上にウレタンか折畳の敷布団を敷き、枕と寝袋を準備すればOK、助手席との溝は板を引くか荷物を置くか、すれば段差はなくなる、身長により斜め対角線方向にして寝るとよく、テントスペースとしては十分だ、 後部固定窓の改良 ・後部と横の窓は黒5mmスチロール板をカッターで型取りしてはめ込めば、完成、 フロントは8mmアルミマットを大きめに型取りしてはめ込み、上段をツパリ棒で水平に押さえれば、冷気と光が入らなくて快適だ、これで外からは中が見えないテント空間となる 通気孔「※重要」 ・通気孔は両側のガラスを10cm程開き、網戸の網をドアーに挟みこむのが一番簡単だが、黒5mmスチロール板をカッターで型取りして、ガラス溝にはめ込み、市販の吸盤付きの遮光ネットを網戸として組合せても出来る、この通気孔は、夏の暑さの通風と虫対策をする最重要パーツで技術的課題も多く難題で、技術の見せ所だ、その他、熊注意だから、夜間 小の簡易トイレは便利で蓋つき1リットルの市販のビンで代用出来る、これなら熊に襲われる機会もへり安全に過ごせる 車中泊のポイント 初心者 最初は道の駅やパーキンエリアが見つけやすく、車中泊も多く安心だが、何分騒音が激しく快適でない、特に大型が多い所は避けた方が無難、夜間に着いた時の緊急用にしている、 料金は高いがサイトに入れるオートキャンプ場で車中泊の技術を磨くのもいい方法で、多人数の家族旅行に最適だ、国の補助金の使い道なのか、素晴らしい所も多い反面、大半は予算消化後に自治体が管理しきれずに放置されたままか、閉鎖状態の所も多い 中級者 国の補助金消化で作られた森林公園、河川敷公園、ダム公園、スポーツ公園、漁港、港湾、その他スキー場や観光スポットの駐車場は意外と全国に多く点在して、トイレ付きで夜静かな所が多く快適だ、幹線道路から離れて見つけにくく、地図にも表記されていない穴場が多い、あらかじめネット地図と航空写真で確認しておき、まだ明るい夕方の3時までに車中泊のポイントを決めるのがベストだ、 上級者 旅の途中でポイント調査を積み重ね、地図に記録しておき、帰宅後にネット地図と航空写真で編集し、次回の車中泊に役立てる、自然の海岸線や渓流のポイントは以外と少ないもので、貴重なデーターを整理して自分のゾーンを確立すると、車中泊はより楽しくなり、旅館では体験できない大自然の中での車中泊を楽しむ事ができる 快適な移動 100km当たり¥4000の北海道高速は高くて乗れない、無料の高速も利用できる箇所もあるが、1日当たり250km程度の移動なら楽ちんで、明るいうちに車中泊のポイントを探そう、 地域の危険性として北海道では30kオーバーは当り前の無謀トラックが多く、正面から無理に追越してくる対向車との正面衝突の確立が高く避けたいものだ、300m先から分かるように常時ライト点灯が一番効果的で、アレーと言う時には、すぐに左一杯に寄せて減速してやり過ごす事もまれにある、ライトを点灯していると早めに対向車が気づいてやめてもらえる事が多いようだ、 もっと北海道の面白い旅知りませんか

出典:日付 : 2015年10月13日 06:07:00
URL : https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11151403781

 その他のニュースや話題


Warning: preg_replace(): Unknown modifier '1' in /home/pics/pics.wp.xdomain.jp/public_html/wp-content/themes/stinger5ver20151005/functions.php on line 471

Warning: preg_replace(): Unknown modifier '�' in /home/pics/pics.wp.xdomain.jp/public_html/wp-content/themes/stinger5ver20151005/functions.php on line 471